Won't You Join Us ACOUSTIC ROCK"なかじん" &"THE JOINUS"のLIVE情報          Topicからヨロシク!!


by nakajin39
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

<   2009年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

最新ライヴ情報!

f0195798_17414970.jpg
2/13(fri) ”なかじん”
阪急苦楽園
LiveBar YELLOW RIBBON
open 19:00 start 20:30 charge ¥1500

”ジェイソン・ボーヒーズ”
なんかぶっ飛ばせ!!
しっとりと、ガッツリと演らせて貰います。
[PR]
by nakajin39 | 2009-02-10 09:24 | Topic

Bass&Voice

本日のマイヘビーローテーション!
やっぱりええな~”カッケ~”
f0195798_14563346.jpg
[PR]
by nakajin39 | 2009-02-09 14:58 | ひとりごと

”燃えよ剣”

久しぶりに再読してみました。
著:司馬遼太郎、昭和38年ごろに執筆された作品です。あの有名な「竜馬がゆく」も同時期に執筆されていたそうです。
基本的に司馬遼太郎の時代小説は大好きで-文体もさることながら主人公の捉え方が好きですね-結構いろんな作品を読破しております。
その中でもこの「燃えよ剣」という作品はかな~り気に入っている作品のひとつです。
幕末の動乱の時代に生みおとされた日本最大の組織”新撰組”副長・土方歳三が京都へ上洛する直前-29歳ごろ-の武州多摩郡にある天然理心流”試衛館”時代から、明治2年、34歳で函館にて”函館政府・陸軍奉行並として生涯を終えるまでの物語です。

この物語でのクライマックスと言えば、衰退していく幕府と共に新撰組も京都から江戸城へ、江戸城から甲州へと落ちてゆき、その最中での”近藤勇”との決別。その時点から新たに始まるひとりの男としての土方歳三の生き方。
ここからが他の多々ある新撰組を題材とした小説とは違うおもしろさ、土方歳三の生き方のかっこ良さにドンドンと感情移入していきます。

各地での戦闘を繰り返しながら最終的には北海道へと渡り、五稜郭を本営とした榎本武揚を総裁とする”函館政府”の陸軍奉行並として”明治新政府”と戦闘を繰り返す日々。
f0195798_15461789.jpg
明治2年5月11日-34歳-
最後は「”新撰組”副長・土方歳三」と名乗り-鳥肌もんです-、名刀”和泉守兼定”にて白兵突撃。
その直後一斉射撃を受け腹部に銃弾が・・・・・
「その六日後”函館政府”が降伏・開城。総裁:榎本武揚を含む8人の閣僚の中で戦死したのは土方歳三ただひとりであった。」-何度読んでも感動してしまいます-
二月後、土方歳三の小姓をしていた市村鉄之助が石田村にある土方家へ”一枚の写真”と”遺髪”を届けに来たそうです。

こんなんも書いてみました。
ちゃんちゃん!!
[PR]
by nakajin39 | 2009-02-04 16:53 | ひとりごと